Development Fundamental

式と値

  • 値、変数、オペレータの組み合わせ。

  • プログラムが動作するための基本的なもの。例えば、文字、数値。
  • 値はそれ自体、式と見做される。

変数

  • 値を参照するための名前。
  • 変数もまたそれ自体、式と見做される。

評価

  • ひとつの値を算出するために計算を行なって式を簡略化すること。

関数

再起関数

  • メリット
    • 簡単に記述できる。
    • 処理によってはマルチスレッドを活かせる。
  • デメリット
    • スタック領域が必要になる。 スタックオーバフローの原因になる。

用語

シンタックスエラー

  • パースできないこと。

セマンティックエラー

  • プログラマが意図しない挙動になってしまうこと。