Reading Assignment

ダブリナーズ

  • 15の小説から構成される。
  • 今日の形に落ち着くまでにさまざまな曲折や幾度もの推敲が行われた。
  • 1914 年出版
  • 1904 年から 1907 年までに書かれた
  • 15 篇の短篇から成り立っている。
  • ダブリンとダブリン市民を題材に取り上げて、小都市ダブリンで生活する市民の社会、文化、宗教、愛欲の世界などの「精神的麻痺」(spiritual paralysis)の情況を描き出している。
  • 5パートに分かれる
    • 少年期 - 最初の3篇
    • 思春期 - 続く4篇
    • 成熟期 - 続く4篇
    • 社会生活 - 続く4篇
    • エピローグとしての“The Dead”

James Joyce

  • 1882-1941
  • SEXIST と批判されたこともあった。

アイルランドとダブリン

  • 結婚とはビジネスの一部であった。

The Boarding House

  • ダメな夫と計算高い妻は、ダブリナーズでよく使われる構成。
  • ムーニー夫人はお金に貪欲。
  • 当時、男性の方が多く、女性にとって結婚は大変であった。

Reference