Linux

Add user

useradd name

Delete User

  • remove user

      userdel name
    
  • remove user, remove home directory

      userdel -r name
    

Add group

groupadd name

Add user to group

usermod -aG grp_name user_name

Enable sudo for group

visudo
%grp_name   ALL=(ALL)   ALL
%grp_name   ALL=(ALL)   NOPASSWD:ALL

Add ssh key

sudo su - user
mkdir ~/.ssh
chmod 700 ~/.ssh
touch ~/.ssh/authorized_keys
chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

and add ssh public key to authorized keys

/bin and /sbin

1971-1973

UNIXが開発されていたコンピュータには、 当時大容量だった 2.5MB の ディスクが2つついていた。 1つはシステム用、もう1つはユーザ用。 (/bin, /usr)

開発が進むに連れて 2.5MB のシステム用ディスクの容量が枯渇し始めたため /usr/bin などのディレクトリ構造をまねて、 一部のツールを移設した。

ブート時にはまずディスク1が使われるので、ブートに必要なツールはすべてディスク1に置かれた。

現在でも /bin/sbin にはブートや管理に必須なツールがあり、 他のツールが /usr/bin にある。

Reference

Retrieved from https://twitter.com/EzoeRyou/status/1059730949334695937

apt

options

  • -d : ダウンロードのみ行う. アーカイブのインストール, 展開は行わない
  • -s : 実行シミュレーションのみ行う
  • -y : 全ての問い合わせに Yes で答える
  • -f : 整合性チェックで失敗しても処理を続行する。
  • -b : ソースパッケージを取得して、ビルドを行う
  • -qq : エラーのみ表示する